その他

好奇心旺盛な私が実現させたい、たった一つのこと

質問に答えることが「私ってこんなことを思ってたんだ……!」っていう新しい発見になることがあります。
最近、身をもってそれを実感しました。

長所「好奇心旺盛」だった私

大学時代、エントリーシートを書き始めたばかりの頃タブーだと知りながら、長所が「好奇心旺盛」としか思いつかない日々を過ごしていました。
自己分析を進めるうちにその時の自分にあう言葉を見つけることが出来たけど、今でも痛感しているのがHow to本をいくら読んでも答えは書いていないってこと。
答えは自分の中にしかないから、インプットとアウトプットを繰り返しながらひたすら自分と向き合って考えるしかありません。

私は、よくあれこれ手を出して色んなことを忙しくやっているように見られます。
当たらずとも遠からずで、目の前にあるやりたいことをできるものからやっているようなところがあって、自分でも悩んでいました。
でも今、その頃の自分に行ってあげたいことがあります。

軸は「ない」のではなくて「見つける」ものだよ、ということ。

一見繋がりがないように思えても、必ず共通点はあります。

「これからどんなことがしたいんですか?」

この間先輩が長い間パーソナリティを務めた番組を卒業されることになり、送迎会がありました。
思い出話に花が咲き、これからの話で盛り上がって、あっという間に2時間、3時間がすぎた頃……

「タカオさんは、これからどんなことがしたいんですか?」

向かいに座っていたAさんが私に言いました。
正直「うわっ……困ったな……」と思いました。
こういう話題になるといつも「何かいいことを言わなきゃ」という気になってしどろもどろになっちゃうので……。

私は何がしたいのか。
私はこれと365日いつも向き合っています。
「やりたいこと」は沢山あって、小さなことも含めると尽きることがないしやりきれずに毎日が終わっていく。
ハンドメイドアクセサリーはもっともっと作りたいし、絵だって描きたいし、畑も次の作物を植えたいし、ブログだってもっと描きたいし、ホームページも更新したいし、気になっている人の講演を聞きに行ったり、ハンドメイドフェスに出店もしたいし、ラジオでやってみたい企画も色々ある。
私はもうずっと「ヒマ」になったことがありません。
体や手を動かしているか頭の中で動き回っているかそのどちらかで、常に走り回っている感覚です。

「繋ぐ」とは

少し話が逸れました。
「やりたいこと」は山ほどあるんだけど、その質問を「実現させたいこと」というもっと大きな枠で捉えると……
口からポンっと出た言葉が__「繋ぎたい」__でした。

私が今やっていることは、里山の活動、地元のまちづくり、ラジオ、司会、ハンドメイド、ケーブルテレビ局での活動です。
「その全てに共通するものがある」
Aさんからの問いかけに着地点を決めずに答えているうちに、そのことに気がつきました。
全てに共通するのは私の場合「繋ぐこと」でした。

まずは、里山の活動

地元にある頼宗邸という築推定250年の時代家屋を復活させたい
子どもの頃から走り回って遊んだ里山と私を見守ってくれた「まち」を大切にしていきたい。
地域の文化や歴史を次の世代に繋げたいです。

畑で野菜を作るのもすごく楽しい。

この楽しさや大変さを甥っ子姪っ子に伝えたい。
都会の人達にも知って欲しい。
採れた野菜をみんなに食べてもらいたい。
畑と人を繋げたいです。

ラジオやテレビでは、ゲストさんの活動や想い、旬な話題、ニュース、大切にしたいこと、考えるきっかけなどをマイクを通して届けたい。
情報はもちろんですが、リスナーさんとパーソナリティ、ゲスト、スタッフが双方向に繋がれる居場所を作りたい。

司会の仕事は、来場者と主催者とスタッフの真ん中に立って、集まった情報や想いの繋げ役になります。最終的に一つにまとめて形にするのがお仕事。

ハンドメイドは、

私の「作りたい」という気持ちに始まり、手にとった方があと少し自分らしくいられますようにという願いを込めています。
さらに、ひとつのアクセサリーがきっかけとなって、身に付けた方が周りの方とコミュニケーションをとるきっかけになったらとっても嬉しい。

人と人、人ともの、想いや情報、歴史、文化、過去から今へ、今から未来へ。
里山の活動に始まり、今やりたくてやっていることを一つずつ言葉にしていくうちに、自分でも思いがけずに出たのがこの言葉でした。

「私は繋ぎたいんです。繋ぐことにやりがいを感じているんだと思います。」

もやもやとしていたものが思いがけず言葉になって、なんだかすっきりしたし、私ってこんなふうに思っていたんだなーって分かって嬉しくなりました。

見切り発車でも走りながら着地点が見つかることがある

着地点がわからずに話し出すのって不安だし、どうしようって焦るけど、「うーん……」と悩んで「よく分からないんですよね」と話を終らせるより、時には喋りながら目的地を見つけるのもありかもしれません。

ES(エントリーシート)の長所や自己PR欄に「好奇心旺盛」としかかけなかった頃と比べると、今何倍もワクワクしています。
それは、私が実現したいのはただ一つ、「繋ぐ」ことなんだと気づいたからだと思います。

ABOUT ME
タカオエリ
ラジオパーソナリティ / MC / クリエイター。広島県広島市と広島県府中市、県内に2つの拠点を持つ、さとやま女子。2018年8月から畑始めました。里山の新しいビジネスモデルを作る!