さとやま女子

畑を始めて2ヶ月が経ったので振り返ってみる

9月8日から畑を始めて、2ヶ月が経ちました。

毎日畑に行くことは難しいので、2~3日に1回、1週間に1回しか行けないこともあったけど、それでも大きくなってくれる野菜たちはすごいなーと思います。

観葉植物をことごとく枯らしてしまう程のずぼららな私にも畑が出来るなんて……と自分でも驚いています( °o°)

11月9日までのほぼ2ヶ月で、畑がどんなふうに変わったか、何が大変だったか、何が楽しかったかなど詳しく紹介します。

まずは2ヶ月の畑の様子を写真でご覧下さい。

9月8日~11月9日の畑の変化

1段目から3段目へ、左から右へ。

写真の角度が違うものもありますが、どんどん野菜が大きくなっているのが分かります。

植えている野菜は、大根、白菜、ねぎ、じゃがいも、小松菜、ブロッコリーです。

野菜ごとの変化

野菜ごとに育ち具合を紹介します。

どれも途中で急にぐんっ!と大きくなったり、あれ?というくらい1週間くらい経つのに全然見た目が変わらないように見える時期もあります。

じゃがいも

じゃがいもは種芋を買ってきて、それを植えます。

じゃがいもにも色々種類があって、「どれにしますか?」と言われたけどよく分からない……(*_*)

なもので悩んでいたら「ホクホクのお芋としっとり系どっちがいいですか?」と聞き直してくれたので、「しっとり系で♡」と選んだお芋を植えました♪

1つの種芋を2つとか3つとかにカットして植え付けるので5つ買っただけで一畝分になりました( ^^ )

気温があまり高いうちに植えると土の中で種芋が、腐ってしまうことがあるそうで、芽が出るまでヒヤヒヤ。

9月21日に1本芽が出て「やったー!」と思ったけど、生育にバラツキが大きくて芽がなかなか出ない種芋もありました。

10日以上経っても一向に芽が出る気配がなくて、ダメになったのかなーと思っていたらひょっこり芽が出てきたり……。

結局植え付けた全部が育ってくれています。

堆肥も混ぜずに植え付けをしたので生育が少し遅いみたいですが、ほぼ自然に任せているだけで花を付けてくれました。

手がかからなくて本当に育てやすい(;_;)!

大根

種をまいて1週間もしたらしっかり芽が出ていて、双葉のつぎの本葉が出ると大根らしいギザギザ葉っぱになりました( ^^ )

10月になってぐんぐん大きくなって、11月10日の段階ではもういっちょ前の大根に♪

1つ間引いて友達にあげました。

大根は畝の中の方のものは日当たりが悪いのか生育が少し遅めで、葉っぱも虫に随分やられて穴だらけに……。

畝の端の方のものはほとんど虫食いもなくて元気そのものです♪

間引いたものを炒めておばあちゃんじこみのレシピで食べたらおいしかったー!

白菜

白菜は前途多難のスタートでした。

本葉が4枚くらいになったら植え付け、と教えて貰っていたのに、本葉が2枚からなかなか成長せず……

肥料をやっても変わらないし、日光が足りないのかカイワレ大根みたいにひょろひょろに……

それでもそろそろ植え付けないと……と言われて本葉が2枚の段階で畑に植え付けました。

9月中旬。

5日くらい畑に行けずにいると、地域のおじちゃんから電話がかかってきました。

おじちゃん
おじちゃん
白菜が全滅じゃ!

えーーーっ!?!?

なんとか1つは生き残ってくれたものの、「ヨトウムシ」という虫にやられてしまって10個植えたうちの9個が無残な姿に……。

もう今年は白菜はダメかな……と諦めかけましたが、時期をずらして芽出ししていたものをダメもとで今度は少し薬も入れて植え付けてリスタートしました。

今度は成功( ^^ )!

今ぐんぐん大きくなってくれています。

おばあちゃんに写真を見せたら巻く力が弱そうなので追肥をもう1回した方がいい、というアドバイスをもらいました。

ブロッコリー

9月21日に植えたブロッコリーの苗がたった4日でヨトウムシ?にやられて3/5がダメに……(9/25の写真参照)

ヨトウムシは茎を切ってしまうのです……。

改めて苗を買い直して、白菜と同じく薬をちょっとしてあげたら今度は順調に育ってくれています。

でも食べられる部分ができるのはもう少し先かな。

茎も太くなって頼もしくなってきました( ^^ )

ただ、虫食いはかなーり多いです。。。

小松菜

最後に少し残ったところに何を植えようかなーと考えて選んだのが小松菜。

種をザラザラ適当にまいて、少しずつ間引きました。

随分大きくなったけど、葉っぱを切って食べてみたらちょっと硬かった(*_*)

なんなんだろう?

おばあちゃんちの小松菜はもっと葉っぱが柔らかいのに……。

種類も違うみたいですが、育てかたでも変わるのかな?

穴だらけのものから間引くようにしていますが、小松菜が一番不出来かなー。

ねぎ

おばあちゃん
おばあちゃん
「畑をするなら、こーやって挿しときゃつくから畑にさしておけ」

と言われておばあちゃんから貰った苗。

言われたとおり、ちょっと畝みたいにしてねかせて挿しておいたら

ついた!

何もしなくても育ってくれるので、畑に行ったついでにハサミで切ってきて味噌汁に入れたりネギをたっぷり使ったねぎ焼きを作ったりしてちょこちょこ楽しんでいます。

切ったらまた新しく生えてくるし、柔らかいネギを食べる為にもこまめに切って食べる。

ずーっと食べられて、本当にすごい。

畑があるならとりあえずネギは植えておいたらいいと思います。

おいしい。

大変なこと・楽しいこと

1番大変だったのは植える前。

草は隣で畑をやっているおじちゃんが刈ってくれたから、あとは耕して植えればいいやー、と思っていたら……

タカオエリ
タカオエリ
すっっっっっごく大変でした(T_T)

まず草の根が想像以上に張っていて、三股に別れたクワで、草の根をバリバリ剥がしながらひたすら耕す!!!

剥がして剥がして剥がして……。

広い畑じゃないのに甥っ子と母と3人がかりで2時間かかりました……。

汗だくになって、その日はじゃがいもだけ植え付けて帰りました。

タカオエリ
タカオエリ
すっごく疲れた……

でも耕すのはこれで終わりじゃなくて、白菜や大根は石灰を混ぜなきゃいけないと教わる。

9月は台風が2回来たりして雨が比較的降ったのに、次に畑に行った時にはまた地面が少し固くなっていて、買ってきた石灰をまいてもう1回耕す。

しばらく寝かせて、それでもまだ植えちゃダメ。

次は植物性のものと動物性のものを混ぜろと言われて肥料をホームセンターに選びに行って、10キロ?くらいある大きな堆肥の袋を5袋担いで畑に下ろしてここからがまたひと仕事。

土にちゃんと混ざるように、落ち葉の堆肥と牛糞と米ぬかをクワで混ぜこみながらもう1回通り耕す。

そしてまた土と対比が馴染むまで寝かせる。

そしてようやく野菜が植えられるんです。

ここまでがそれはそれは大変でした(*_*)

耕耘機を使わないと大変だよーとあとから聞いたけど、持ってないし……。

草だらけのところを畑にするのって本当に大変なんだなー……。

この大変さを思うと、種まきをしてからの作業は楽しいことだらけ!

芽が出ないとか育ちが悪いとかで悩んだり、虫が大量発生してひゃーーー!!!ってなったり、虫が苦手なのに駆除しなきゃいけなかったり、ちょっと大変だけど、日に日に大きくなる野菜を見るのは本当に楽しいです!

野菜がすっごく可愛く見えます(*^^*)

2ヶ月経って今の感想

タカオエリ
タカオエリ
畑って楽しいよ!

種をまいた時畑には何も無いように見えるけど、1週間もすると大抵は芽が出てます。

何も無かったところに何かが生まれるってなんとも言えない感覚になります。

「おーっ!出たー!」って、わくわくホクホクした気持ち。

芽が出たら赤ちゃんのうちは虫に食べられないように気をつけたり枯れないように様子を見ながら水をやったり。

ちょっとハラハラするけど、そこを乗り切ればぐんっ!と大きくなってきます( ^^ )

ブロガーさんにもおすすめ。

しっかりしてきたら間引き菜を食べたり、育てながら味わえる楽しみもあるし、SNSにあげたくなる写真もたくさん撮れて書きたいこともたくさん出てきます。

畑がない人もプランターでもいいからなにか育てるときっと楽しいよ♪(始める時と片付ける時はちょっと大変だけど

あ、ちなみに飛んでくるイナゴ(写真に写っているバッタ)も食べられます。

田んぼによくいるけど、畑にも飛んできます。

子どもの頃は何回か虫かごにいっぱい取ってきておばあちゃんに炒ってもらいましたm(_ _)m

ABOUT ME
タカオエリ
ラジオパーソナリティ / MC / クリエイター。広島県広島市と広島県府中市、県内に2つの拠点を持つ、さとやま女子。2018年8月から畑始めました。里山の新しいビジネスモデルを作る!